"食べて、祈って、恋をして"を見てきました


バリに行く前に今年は見なきゃいけない映画があるexclamation×2

って事で、姉と見てきました


久々のジュリア・ロバーツの作品です


”食べて、祈って、恋をして”


エリザベス・ギルバートさんの自伝的小説を映画化したものです。


バリが映画の中でも出てくるから、今年のバリ旅行の前に

絶対見て、テンショングッド(上向き矢印)上げて行こうexclamation×2ってことなのです黒ハート


お話は・・・

夫と結婚して8年、新居も購入して何不自由ない生活をしているリズ(ジュリア・ロバーツ)ですが


どこか満たされない・・・


離婚を決意したリズは家を出て、若い俳優と出会い彼の家に転がり込むが

そこでもうまくいかず、自分を解き放つために1年間の旅に出ることに。



行く場所は、

イタリア


インド


バリ



イタリアではイタリア語を勉強しながら、食べて・食べまくってましてね〜

同じように旅をしている人と友達になったりして


インドでは瞑想して、祈って、瞑想して・・・


そして


最後の地バリでは恋に落ちます黒ハート


久々のジュリア・ロバーツの映画、そして舞台にバリが出てくるということで

楽しみで見に行ったのですが、結果的にリズはこの旅で自分探しが出来たのかは

ちょっと不明なところがありますが

バリ・ウブドの自然の中をチャリで走ってるジュリア・ロバーツが可愛かった黒ハート

可愛いって言う年ではなくなってるかも知れませんが・・・

少女のようでした。


イタリアを旅してるときに親しくなった友人の会話から

『あなたを表す言葉は?(あなたの言葉を探して)』

と言う会話があって、そのときの主人公はまだ自分の言葉が思い当たらない・・・

その言葉は簡単に見つからない、辛い思いをすることになる。

しかし、「辛い思いは、努力した証拠だ」と言う台詞があるのですが

私も自分を表す言葉を考えてみました・・・

でも主人公同様すぐに思い浮かぶ言葉が出てきませんでした。

自分を表す言葉をしっかり持っている人は、生き方にぶれてない人だと思う。

今の私は、仕事を探してるところで、その仕事に悩んでいるから

余計に自分を表す言葉が出てこないのかも知れないな〜たらーっ(汗)

もともと自分を強く持っているタイプでもないからかもしれないけど。

これからは「自分を表す言葉」がその時、その時、状況は違っても思い浮かべられるような

生き方をしたいと思いました。




食べて、祈って、恋をして

食べて、祈って、恋をして

価格:1,890円(税込、送料別)




原作は世界40カ国にて翻訳されたベストセラーなので

映画では表現仕切れなかった部分などもあると思うので

今年のバリで読む本の候補に入れておきますひらめき




★ランキングに参加中です★
応援クリックお願いします(^_-)

bali

スポンサードリンク

posted by さくら at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 見に行った映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163501196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。